Home > 47G > 47Gのイベントなど

47Gのイベントなど Archive

2013/11/16-17 AI映画祭・京都 「孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~」


アムネスティ京都四条グループ(47G)では、来る11月16日(土)・17(日)に京都シネマを会場に映画祭を行います。映画を通して、多くの皆様とともに、人権について考える機会にしたいと思います。

11月16日13:30開演「孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~」のご紹介!

上映前に、共同監督津村公博氏のトークがあります!

「孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~」

京都四条グループメンバーによる作品紹介 :
多くの日系ブラジル人が暮らす静岡県浜松市。自動車産業を支える労働力である両親のもと「デカセギの子ども」として日本で生まれ、育った青年たち。ブラジル国籍のため義務教育さえ保障されず、安定した仕事にもつけない。それでも明るく強く生きる青年・家族だがリーマンショック以降、失業・帰国を余儀無くさせられる。「日本では将来の夢はない」、しかし「ブラジルに帰っても外国人扱いされる・・」。そんな青年たちの生活を2年半にわたって追ったドキュメンタリー作品。

監督 : 中村真夕、津村公博

共同制作 : Minority Youth Japan(日系ブラジル青年グループ)
協力 : 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

2011年 / 日本・ブラジル合作 /88分

公式HP :
http://lonelyswallows.com/
アムネスティ・インターナショナル日本による紹介 :
http://www.amnesty.or.jp/human-rights/movie/recommended/post_2.html

 

アムネスティ映画祭 京都・上映予定作品一覧

11月16日(土)

11月17日(日)

場 所:京都シネマ 〒600-8411 京都市下京区烏丸通四条下る西側 COCON烏丸3F
問合せ:アムネスティ京都四条グループ amnesty47JP@gmail.com

2013/11/16-17 アムネスティ映画祭・京都


アムネスティ京都四条グループ(47G)では、来る11月16日(土)・17(日)に京都シネマを会場に映画祭を行います。映画を通して、多くの皆様とともに、人権について考える機会にしたいと思います。

映画祭についての情報を随時、このホームページ上でお知らせしていきます。

日時・上映予定作品は以下の通りです。(2013/09/07 スケジュール確定

11月16日(土)

11月17日(日)

場 所:京都シネマ 〒600-8411 京都市下京区烏丸通四条下る西側 COCON烏丸3F
問合せ:アムネスティ京都四条グループ amnesty47JP@gmail.com

チケットの販売等については、今後、ご案内いたします。

2013/03/14 ビル・トッテン講演会「日本が〈強さ〉を取り戻すために必要なこと」


47グループの連続講演会、4回目を迎えます。このたびは、ビル・トッテンさんをお招きして、「日本が「強さ」を取り戻すために必要なこと」と題してお話をいただきます。

ビル・トッテンさんについては、こちらもごらんください。

(株)アシスト ホームページ ビル・トッテン関連情報

 

【転送・転載歓迎】
 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         アムネスティ 連続講演会
             第4回

    日本が「強さ」を取り戻すために必要なこと
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ~ 講 師 ビル・トッテン さん ~
 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 日 時:2013年3月14日(木)午後7時より
 場 所:ひと・まち交流館 京都 第5会議室
    京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
    市バス「河原町正面」すぐ(4系統・17系統・205系統)
 参加費:一般500円 学生300円
 主 催:アムネスティ・インターナショナル京都四条グループ
 連絡先:amnesty47jp@gmail.com  HP: http://amnesty47.jp/

◎───────────────────────────
 │経済が破たんすれば、社会不安、混乱、戦争などで
 │大規模な人権侵害が起きる恐れがあります。日本の
 │将来展望を見据えた時求められる政策とはなにか。
 │また、個人として我々に何ができるのかを企業経営
 │者として提言します。
 └───────────────────────────

 講師:ビル・トッテン
  カリフォルニア生まれの日本人。経済学博士。1972
  年に日本で株式会社アシストを創業、同社代表取締役。
  著書『年収6割でも週休4日という生き方』、『アン
  グロサクソン資本主義の正体』など多数。

ご案内チラシのダウンロード
 https://dl.dropbox.com/u/9064480/20130314kouen.pdf

●アムネスティ・インターナショナルとは●
 「世界人権宣言」や国際人権法に定められた人権をすべての人が
 享受できる世界の実現を目指して活動している世界最大の人権NGO。
 毎年、世界各地に調査団を送り、人権侵害の調査を行なうとともに、
 人権侵害をやめさせるための活動を行なっている。いかなる政治的、
 宗教的な党派にも属さず、各国政府からの援助を一切受けず、会員
 や支持者からの会費や寄付で運営されている。1977年にノーベル平
 和賞、1978年には国連人権賞を受賞。150カ国以上の国々で280万人
 の支援者、会員、活動家によって支えられている。

ご案内チラシのダウンロード
20130314kouen

2012/12/07 戸塚悦朗講演会「地域の平和と信頼関係の醸成のための知恵」


アムネスティ47グループ(京都四条グループ)では、定期的に連続講演会を行っています。
第3回目は、戸塚悦朗さんをお招きします。どうぞお集まりください!!

【転送・転載歓迎】
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         アムネスティ 連続講演会
             第3回

     地域の平和と信頼関係の醸成のための知恵
       「慰安婦」問題の解決と国際法手続
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ~ 講 師  戸塚 悦朗さん ~
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 日 時:2012年12月7日(金)午後7時より
 場 所:ひと・まち交流館京都(第5会議室)
     市バス「河原町正面」すぐ(4系統・17系統・205系統)
 参加費:一般500円 学生300円
 主 催:アムネスティ・インターナショナル京都四条グループ
 連絡先:amnesty47jp@gmail.com  HP: http://amnesty47.jp/

 ◎───────────────────────────
 │1992年、国連人権委員会に被害者と日本政府との間の調停を
 │要請した。それ以来継続した国際的人権活動によって、被害
 │者全体と日本の間の和解の実現のために努力してきた。国連
 │もILOも調停のために労を惜しまなかった。
 │
 │しかし、いまだに和解は実現していない。
 │ 日本軍「慰安婦」問題を解決する知恵はあるか?
 └───────────────────────────

講師:戸塚 悦朗(とつか えつろう)
 1942年生まれ、博士(国際関係学)、元弁護士、元龍谷大学法
 科大学院教授、JFORジュネーブ国連主席代表。主著に『日本
 が知らない戦争責任ー日本軍「慰安婦」問題の真の解決にむ
 けて』、『国際人権法入門』、『ILOとジェンダー―性差別の
 ない社会へ』、『国連人権理事会―その創造と展開』など。

ご案内チラシのダウンロード
https://dl.dropbox.com/u/9064480/20121207kouen.pdf

今後の連続講演会─────────────────────

●第4回
2013年3月14日(木)午後7時〜
講師:ビル・トッテン (株式会社アシスト創業者)
タイトル:日本が「強さ」を取り戻すために必要なこと(仮題)

アムネスティ・インターナショナルとは
「世界人権宣言」や国際人権法に定められた人権をすべての人が
享受できる世界の実現を目指して活動している世界最大の人権NGO。
毎年、世界各地に調査団を送り、人権侵害の調査を行なうとともに、
人権侵害をやめさせるための活動を行なっている。いかなる政治的、
宗教的な党派にも属さず、各国政府からの援助を一切受けず、会員
や支持者からの会費や寄付で運営されている。1977年にノーベル平
和賞、1978年には国連人権賞を受賞。150カ国以上の国々で280万人
の支援者、会員、活動家によって支えられている。

ご案内チラシのダウンロード

2012/08/09 浜 矩子講演会「グローバル経済と人権」


アムネスティ47グループ(京都四条グループ)では、次のような
連続講演会を予定しています。第1回目は、浜矩子さんをお招き
します。どうぞお集まりください!!

 

【転送・転載歓迎】
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
         アムネスティ 連続講演会

       第1回  グローバル経済と人権
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ~ 講 師  浜 矩子さん ~
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 日 時:2012年8月9日(木)午後7時より(6時半開場)
 場 所:キャンパスプラザ京都(第4講義室)
      JR京都駅ビル駐車場西側、ビックカメラ前
 参加費:一般800円 学生500円
 主 催:アムネスティ・インターナショナル京都四条グループ
 連絡先:amnesty47jp@gmail.com  HP: http://amnesty47.jp/

 ◎講師のことば────────────────────
 │ 経済と人権は密接につながっています。グローバル
 │経済時代は、経済が人に向かって牙をむきやすい時代
 │です。これは、なぜでしょう?
 └──────────────────────────

講師:浜 矩子(はま のりこ)
 同志社大学大学院ビジネス研究科教授、専攻はマクロ経済分析、
 国際経済。多くのメディアに登場し、その広い視野、分析力、
 明快な語り口のファンも多い。主な著書に、「グローバル恐慌」
 (岩波新書)、「死に至る地球経済」(岩波ブックレット)、
 「EUメルトダウン」(朝日新聞社)など。

ご案内チラシのダウンロード
https://dl.dropbox.com/u/9064480/20120809kouen.pdf

今後の連続講演会─────────────────────

●第2回
10月5日(金)午後7時~
講 師:松久寛(京都大学名誉教授)
タイトル:「縮小社会への道ー人道上の惨事を避けるためにも」

●第3回
12月7日(金)午後7時〜
講師:戸塚悦朗(元龍谷大学法科大学院教授、国際人権法)
タイトル:「地域の平和と信頼関係の醸成のための知恵
         ―――「慰安婦」問題の解決と国際法手続」

アムネスティ・インターナショナルとは
「世界人権宣言」や国際人権法に 定められた人権をすべての人が
享受できる世界の実現を目指して活動している世界最大の人権NGO。
毎年、世界各地に調査団を送り、人権侵害の調査を行なうとともに、
人権侵害をやめさせるための活動を行なっている。いかなる政治的、
宗教的な党派にも属さず、各国政府からの援助を一切受けず、会員
や支持者からの会費や寄付で運営されている。1977年にノーベル平
和賞、1978年には国連人権賞を受賞。150カ国以上の国々で280万人
の支援者、会員、活動家によって支えられている。

ご案内チラシのダウンロード
20120809浜矩子講演会チラシ

2011/12/10 47G 世界人権デー・ライティングマラソン


アムネスティでは、毎年、12月10日の世界人権デーに合わせて、ライティング
マラソンを行っています。47グループも、実施します! 初めての方、歓迎!
どなた様もおこし下さい!

日 時:12月10日(土)14:00~16:00
場 所:ひとまち交流館 京都 2F 交流コーナー
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
参加費:切手代
主 催:47G(京都四条グループ)

■ライティングマラソンとは??
世界には不当な理由で人権侵害を受けたり、投獄されている人(良心の囚人)
が数多くいます。彼らを解放に導くための一歩として手紙書きに長時間取り組
むイベントがライティングマラソンです。
各地で実施されます。47G以外のライティングマラソンは、以下をご参照ください。
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=4328

16Days 緊急アクション 日本軍性奴隷制のサバイバーたちに正義を!


国連の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に合わせ、アムネスティも世界中で野田総理大臣宛の手紙書きキャンペーンを行っています! ぜひ、キャンペーンにご参加下さい! アムネスティ47(京都四条)グループは、このキャンペーンに関連するイベント「2011/11/27 シンポジウム 労働・貧困・性暴力の鎖をきろう!」を予定しています。こちらにも、ぜひお集まり下さい!

以下、「慰安婦」問題チームのホームページから転載です。

第2次世界大戦中、1932年から第2次世界大戦中、8万から20万人と推定されるアジア太平洋各地の女性や少女たちが旧日本軍により、強制的に性奴隷として働かされ、何年間も強かんと虐待の日々に耐え続けてきました。しかしながら、日本政府は、いまだにサバイバー(性奴隷制の犠牲者で、その苦難を生き延びた女性)たちに対する誠意ある対応と再発防止に向けた取り組みを拒み続けています。アムネスティは、この問題を重大かつ進行中の人権侵害であると考え、サバイバーたちに対して、十分かつ明確に謝罪するよう、日本政府に要求しています。

11月25日は、国連の女性に対する暴力撤廃の国際デーです。世界では、この11月25日から国際人権デーの12月10日までの16日間を、ジェンダー暴力と闘う16日間行動キャンペーンとして、様ざまな活動が展開されています。

アムネスティはこの期間中、日本政府に対するアクション(手紙・ハガキ書き)を呼びかけています。世界中の人びとと共に、あなたもアクションを起こしてください!
下記の要領でハガキをダウンロード、またはご自分で手紙やハガキに書き写して、署名をして後、投函してください。

ハガキのダウンロード(pdf)

ハガキ

ハガキ2

◆日本語での要請文例◆

 写真の女性たちをはじめとする、多くの女性たちが軍の性奴隷として召集され、第二
次大戦後60 年以上経た今も正義を待ち続けています。
  2007 年、米国、オランダ、カナダそしてEU 加盟の27 カ国は、この問題に緊急に対処
するよう求める決議案を採択しました。決議案は日本政府が彼女たちに犯した罪を公
に、明確かつ正式に謝罪することによって、こうした女性たちの尊厳を回復することを
要求したものです。
  私は日本政府に対して、以下の通りこの世界的な正義を求める声に応えるよう要請します。

 ・これらの女性たちがこうむった苦しみを認めて、「慰安婦制度」に対する責任を
  全面的に認め、十分に謝罪すること
 ・これらの女性たちに、日本の教科書に性奴隷制度についての正確な記述をするこ
  とを含む適切な経済的補償と名誉回復の措置をとること
あて先:
  〒100-8968 東京都千代田区 永田町 1-6-1
  内閣府庁舎 内閣官房内閣広報室
  野田 佳彦 総理大臣殿

2011/11/27 シンポジウム 労働・貧困・性暴力の鎖をきろう!


【転送・転載歓迎】

◆◆━◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性に対する暴力撤廃国際デー記念シンポジウム in 京都

労働・貧困・性暴力の鎖をきろう!

2011年11月27日(日) ラボール京都・大会議室
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆━◆◆

11月25日は女性に対する暴力撤廃のための国際デーですが、世界的な貧困と労働、紛争の問題もからんで、女性への暴力は減少するどころではありません。働きたいのに働けない、働いても貧困、差別と抑圧。夫、パートナーからや職場での暴力。法律では犯罪あるこれらの行為がなぜ続くのでしょうか。

アジア各地の日本軍性奴隷制のサバイバーたちは、性暴力はもとより、さまざまな身体的な暴力と屈辱を受け、20年間も正義の回復を訴えつづけていますが、日本社会と政府はその要求に応えていません。

女性への暴力と貧困の鎖を切るために、まず被害者や支援者の声に耳を傾け、その意見を聴き、そして互いにつながりませんか。つながって、問題を解決し、命の権利を実現しましょう。

┌───────────────────────────────
●【テーマ】労働・貧困・性暴力の鎖をきろう!●
└───────────────────────────────
日 時:2011年11月27日(日)午後2時―5時
会 場:ラボール京都(京都労働者総合会館)大ホール
阪急西院駅から東へ徒歩5分、「四条御前」バス停前
参加費:500円

◆パネリスト◆
・宋 神道(ソン・シンド)
日本軍「慰安婦」被害者
川田文子
「在日の慰安婦裁判を支える会」、ジャーナリスト
バージー石原
フィリピン・マイグラント・センター名古屋 代表
雪田樹理
弁護士(女性共同法律事務所、DV、性暴力問題)
◆コーディネイター◆
山下明子
世界人権問題研究センター・女性問題研究部 客員研究員

◆構 成◆
第一部(2時―3時45分)
発題者紹介と発言 各20分程度
<休憩>
第二部(4時―4時45分)
パネリストの質疑応答と会場を交えた意見交換
集会アピールの採択
1.第15回ILOアジア太平洋地域会議へ
(12月4―7日、京都会館で開催)
2.京都府議会へ
日本政府に「慰安婦」問題の早期解
決を求めるための請願 署名と共に

◆主催◆
アムネスティ・インターナショナル47(京都四条)グループ
アムネスティ・インターナショナル日本「慰安婦」問題チーム

◆賛同団体◆
フィリピン・マイグラント・センター名古屋
ガブリエラ・ジャパン
全印総連京都地連
在日の慰安婦裁判を支える会
在韓軍人軍属裁判を支援する会
日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
ハーグの会
「慰安婦」問題の早期解決を求める懇談会
旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委
キリスト教女性センター
カトリック正義と平和京都協議会
カトリック大阪大司教区社会活動センター・シナピス
京都YWCA
向日市女性の会・さわやかネットワーク
矯風会京都グループ
日本製鉄元徴用工裁判を支援する会
女性と仏教 東海ネットワーク
京都教職員組合女性部
新日本婦人の会京都府本部、
京都総評女性部
ピース9あざみ
京都立正平和の会
(順不同、2011年10月10日現在)

チラシ

◆連絡先◆
アムネスティ・インターナショナル47(京都四条)グループ
e-mail: amnesty47jp@gmail.com

以 上

2011/04/27 ヴラダン・コチ チェロコンサート in 京都


アムネスティ・インターナショナル設立50周年記念・日本コンサートツアー

―魂の自由と人間の尊厳を求めて―

「ヴラダン・コチ チェロコンサート in  京都」

《盛況のうちに終了いたしました。ご来場いただきましたみなさま、まことに有り難うございました。4月28日・記》

アムネスティ・インターナショナルは、2011年に設立50周年を迎えます。

アムネスティは、長年に渡り人権侵害と戦ってきましたが、世界では今なお、人権侵害が続いています。

アムネスティ・インターナショナル日本は、改めて人権の大切さを訴えたいと考え、元「良心の囚人」であるヴラダン・コチ氏を招聘し、全国でコンサートを開催致します。

   ※コンサートは4/16の芦屋公演から順次、予定通り開催されます。


チェロの演奏家で、プラハ音楽院の教授であるコチ氏は、かつて「いかなる敵も殺すことはできない」と兵役を拒否し、チェコ・スロバキア政府(当時)によって投獄されました。その後のビロード革命で、コチ氏は「良心の囚人」として釈放されましたが、その際に、「自分の音楽の半分は生活の糧として、あとの半分は世の中のために使うと心に決めた」と語っています。

コチ氏の音楽とお話しを通して、「人権」の大切さを共有したいと考えております。どうぞご協力をお願いします。なお、コチ氏は何度も来日され、アムネスティコンサート以外に教会やホスピスなどでも演奏されており、その人柄と合わせて多くのファンがいます。

演奏者:ヴラダン・コチ プラハ音楽院教授
伴奏者:ピアノ 有吉英奈 昭和音楽大学講師
トーク(対談):イーデス・ハンソン(アムネスティ・インターナショナル日本・元理事長)

日 時 :2011年4月27日(水)
      開場18:00 開演18:30
会 場 :同志社大学・寒梅館ハーディーホール
入 場 料:3000円
      団体割引(5名以上)2500円(京都連絡会にお問い合わせください)
主 催 :アムネスティ・インターナショナル日本・京都連絡会
企画協力:同志社大学キリスト教文化センター
後 援 :京都市

プログラム
 一部    
バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調
フランク:ソナタ イ長調(1886)     
ショートトーク ヴラダン・コチ×イーデス・ハンソン
   ――――――  休憩  ―――――――
  二部
コチ:「深き淵より」(無伴奏チェロ)
カサド:無伴奏チェロ組曲 ニ長調
ドヴォジャーク:わが母の教えたまいし歌
ドヴォジャーク:ロンド ト短調 Op.94
  ポッパー:ハンガリアン・ラプソディ
        (又は) ポロネーズ 二短調
             <プログラムは都合により変更の可能性があります>

チケットのお申し込み・お問い合わせ
●アムネスティ・インターナショナル日本 京都連絡会
  電話: 090-3894-2459(10時ー19時)
  mail: amnesty47jp@gmail.com
●アムネスティ・インターナショナル日本 大阪事務所
  電話:06-4395-1313  FAX: 06-4395-1314
  Vladan Koci Concert in Kansai / Amnesty50周年コチ・コンサート関西
●チケットぴあ(チケット販売)
  Pコード 126-976
  ネットで購入:http://pia.jp/t/ (携帯、PC共)
  電話で購入:0570-02-9999
  コンビニで購入: セブン・イレブン、サークルK・サンクス
●大学生協(大学生協京都事業連合)
  同志社・京大・立命館・龍大・奈良女大・滋賀大など京都・滋賀・奈良の大学生協
  http://www.kyoto-bauc.or.jp/
  以下の生協店舗ですぐに購入できます。他店舗では注文になります。
   京大:時計台SP・ルネ リビング/同志社:弘風館/立命館:存心館/
   龍大:R-Uni(深草)/奈良女:購買部

Vladan_Koci_Cello_Concert_in_Kyoto_Japanese Vladan_Koci_Cello_Concert_in_Kyoto_English

チラシ(日本語)のダウンロード(pdfファイル・2.8Mb)
download English leaflet  (pdf  157kb)

コンサートツアー日程
 4月16日(土):神戸・芦屋
   開場13:30 開演14:00 芦屋市立ルナホール 大ホール
 4月17日(日):岡山
   開場17:45 開演18:30 オリエント美術館
 4月23日(土):横浜
   開場 18:15 開演 18:45 横浜みなとみらい 小ホール
 4月27日(水):京都
   開場 18:00 開演18:30 同志社大学寒梅館ハーディーホール
 4月30日(土)午後:豊中《チケット完売》
   開場14:30 開演15:00 日本基督教団豊中教会

2010/12/12 ライティングマラソン in 京都


ライティングマラソンは、アムネスティの活動の原点ともいうべき手紙書き活動です。不当な理
由で投獄されている「良心の囚人」の解放を求めるなど、人権侵害を解決していくための手紙を
書きます。

毎年、世界人権デー(12月10日)を含む期間に、世界中で手紙を書きます。今年は12月4日
(土)~14日(火)に行われます。アムネスティ京都四条グループも参加します。

どなた様もご参加下さい!!

日 時:12月12日(日)午後2時から4時まで
場 所:ひと・まち交流館京都
      http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
参加費:切手代等実費
主 催:アムネスティ京都四条グループ(G47)
連絡先:amnesty47JP@gmail.com

アムネスティ ライティングマラソン2010
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3433

アムネスティ ライティングマラソンの情報
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/

ホーム > 47G > 47Gのイベントなど

アムネスティを支援
カテゴリー

Return to page top