Home > 世界のアムネスティ | 日本支部 > ウェブアクション 上海「万博難民」 強制立ち退きと闘う女性たち

ウェブアクション 上海「万博難民」 強制立ち退きと闘う女性たち


現在、中国で開催中の上海万博。近年の中国経済発展の象徴のようです。この万博の開催地を用意するため、2000年から住民の立ち退きが始まりました。その数は2万人近いとされています。

もちろん、住民の中には、これを拒んだり抗議する人たちもいました。平和的な方法で政府への
陳情を行っている人々の中には、拘禁(虐待の可能世も)、監視、自宅軟禁などの嫌がらせを受
けている人たちがいます。

段春芳(Duan Chunfang)さんと毛恒鳳(Mao Henfeng)さんは「労働による再教育(労働教
養)」を言い渡され、拘禁されています。また、沈佩蘭(Shen Peilan)さんと金月花(Jin
Yuehua)さんは何度も拘禁されています。

人権活動家に対する恣意的な拘禁や嫌がらせをやめ、強制立ち退きに対して平和的に抗議する
個々人の権利を認めるよう、メッセージを送りましょう!

いまおこっていることの詳細
女性活動家たちの声

メッセージ送信はこちら!メールの宛先は、中華人民共和国外交部、楊 潔チ部長です。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://amnesty47.jp/2010/07/webactchina/trackback/?_wpnonce=1a0e91d988
Listed below are links to weblogs that reference
ウェブアクション 上海「万博難民」 強制立ち退きと闘う女性たち from アムネスティ47(京都四条)グループ

Home > 世界のアムネスティ | 日本支部 > ウェブアクション 上海「万博難民」 強制立ち退きと闘う女性たち

アムネスティを支援
カテゴリー

Return to page top