Home > 日本支部 > 2010/04/05 日本支部声明 : 中国は直ちに死刑の執行を停止するべき

2010/04/05 日本支部声明 : 中国は直ちに死刑の執行を停止するべき

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

「報道によれば、中国外務省は30日、麻薬密輸罪で死刑判決が確定した日本人死刑囚につき、
日本側に近く死刑を執行すると通告したことを認めた。中国当局は、4月5日にも死刑を執行する
予定であるといわれる。アムネスティ・インターナショナル日本は、中国政府に対し、今回の予告
された死刑の執行を含め、すべての死刑を直ちに停止するよう求める。」 
                                          >>続きはこちらへ<<

中国で日本人死刑囚の死刑執行が予定されています。上記は3月30日に出された日本支部声
明です。さらに4月5日には次の二つの声明を出しています。

なお、新聞などによれば、鳩山首相は「たいへん残念だ」としか述べていないそうです。昨年、
12月に今回のケースと同じ麻薬密輸罪で英国人死刑囚が処刑された時、英国のブラウン首相
は「最大限に強い言葉で非難する」と猛反発しました。英国は死刑廃止国です。

アムネスティ日本・死刑廃止ネットワークセンターは、今日5日、中国大使館前で死刑執行停止
を求める緊急アピールを行いました。明日6日、明後日7日にも行います。
 アムネスティ:中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://amnesty47.jp/2010/04/20100405/trackback/?_wpnonce=f350cd1f54
Listed below are links to weblogs that reference
2010/04/05 日本支部声明 : 中国は直ちに死刑の執行を停止するべき from アムネスティ47(京都四条)グループ

Home > 日本支部 > 2010/04/05 日本支部声明 : 中国は直ちに死刑の執行を停止するべき

アムネスティを支援
カテゴリー

Return to page top