Home > その他 > 2009/10/25 高齢・障害のある元受刑者の地域生活をめざして

2009/10/25 高齢・障害のある元受刑者の地域生活をめざして


 高齢・障害のある元受刑者の地域生活をめざして
~愛知県に地域生活定着支援センターを~

講演:山本譲司さん(『獄窓記』著者 元衆議院議員)

 山本譲司さんが『獄窓記』という本を問うたのは今から5年前になります。その時初
めて知的障害など障害ある人や高齢の人が罪を重ねて刑務所生活を送っている実態が明らかにされました。こうした人々に対して、これまで「福祉」は何の援助もせずに放置してきたのでした。
 これをきっかけに厚生労働省の中で3年前より「罪を犯した障害者の地域生活支援
に関する研究」が始まり、ついに本年7月より各県に「地域生活定着支援センター」
が設置されることになりました。ようやく山本さんの問いかけが実ったのです。
 けれども、罪を犯した人達が本当に地域生活を取り戻すことができるのか、必要な
「福祉」の地域生活援助を受けられるのかはこれからにかかっています。
 山本さんを再び愛知の地にお呼びして一緒にみんなで創りあげていく機会にしたいと思います。

 ■日  時:10月25日(日) 14:00~16:00
 開  場:13:30~
 内  容:14:00~ 山本譲司さんによる講演15:00~ 
     パネルディスカッション
     (行政担当者・議員・市民団体・福祉団体等)

■会  場:愛知県産業労働センター 
 【ウインクあいち】9階大会議室(902) 
 定員171名 
 参加費: 1000円(資料代)

■主 催:
愛知県地域生活定着支援センターをつくるネットワーク(準)
連絡先: なごや障害者就業・生活支援センター  センター長 酒井
          tel:052-459-1918  fax:052-451-7724
================

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://amnesty47.jp/2009/10/2001025/trackback/?_wpnonce=53ba325cba
Listed below are links to weblogs that reference
2009/10/25 高齢・障害のある元受刑者の地域生活をめざして from アムネスティ47(京都四条)グループ

Home > その他 > 2009/10/25 高齢・障害のある元受刑者の地域生活をめざして

アムネスティを支援
カテゴリー

Return to page top